格安SIMやMVNOへの理解を深めて大手キャリアから乗り換えて毎月浮いたお金でプチリッチ

格安SIMに乗り換えてプチリッチ生活を送ろう

未分類

格安SIMを選ぶ際の注意点

投稿日:

格安SIMの選び方

格安SIMは現在キャリアのスマホを使っている方にとって、お得になるケースがほとんどと言えます。

デメリットの一つであります通信速度に関しても、動画をずっと見ているようなヘビーユースの方でもない限り、格安SIMでも問題ないと言えるのではないでしょうか?

また、各社が参入したことにより選択肢が広がったことで、より一層ニーズに合う環境と金銭的メリットを得られるようになりました。

とはいえ、選んだ格安SIMでやってしまったが起こらないように、あらかじめ知っておくことも大切です。

ということでメリットを最大限活かすためにデメリットも見ていきましょう。

  • キャリアに比べ通話料が高くなるケースがある
  • 実店舗が無いことが多いためトラブル対応が弱い
  • キャリアメールは使えなくなるので事前の準備が必要
  • 料金の支払いがクレジットカード対応しかない場合も多い

このようなトラブルが予想されますね。

現時点で通話かけ放題のプランを用意してくれているUQモバイルさんのような格安SIMの会社も出ています。

メールに関してはgmailに乗り換えておくとむしろ便利ですからオススメです。

あとは実店舗とクレカですね。

よほどブラックでない限り楽天カードさんは入りやすいイメージですから検討されてみてはいかがでしょう。

コンビニなどでもポイント貯まりますしお得ですよ。

やはり、キャリアの最大のメリットはそのサポート力ですね。

子供から年配の方までサポートできるそのサポート体制にははっきり言って勝てないでしょうし、そこを格安SIMの会社に求めてはいけません。

ですが、多少の知識がある方でしたら電話などで詳しくサポートしてくれる会社もありますので、そういう会社を選ぶことで少しでもリスクを軽減することが可能です。

このようにいわゆるデメリットと言われる部分も事前に知っておくだけでなんとかなることがほとんどです。

先ほども書きましたが、提供会社が増えたことで選択肢はずいぶんたくさん用意されています。

自分の使い方に合わせて最適なプランを選択していきたいものですね。

格安スマホを購入するか、手持ち端末を使用するか

格安SIMを契約する際に、思うこと。

それは、ちょっとでも料金を浮かしたいという事ですよね?

それはそうです。

そのために格安SIMにわざわざ乗り換えるのですから。

というわけでスマホ契約の最大の出費とも言える本体の事をここで解説していきたいと思います。

すでにご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、スマホは大きく2種類に分かれています。

それが、docomo系とau系です。

UQモバイルやmineoはau系です。

そして、DMMモバイルやLINEモバイルなどはdocomo系です。

docomo系として2社あげましたが、今でも格安SIMの会社のほとんどがdocomo系の会社と思って頂いて構わないくらい多いです。

つまり自分が使っていた機種がauのものであればUQモバイルやmineoさんで契約し、そのまま使用するのがもっとも安く、そして手っ取り早くなりますね。

特にこの2社は回線環境、料金ともに評判も良く、管理人としてもオススメです。

さて、docomoのスマホを持たれている方はその他の選択肢から選べばそのまま使える事になりますね。

いやそうではなく新しい機種にしたいと思う方もいらっしゃるでしょう。

その際はSIMフリーのものを選ぶようにしてください。

これは回線に縛られない端末の事で、細かい事を気にせず使えるのがポイントですね。

物によってはアマゾンさんなどで1万円程度で購入する事が可能です。

ですが、実際に契約する際は、各格安SIMの会社の端末対応表を念のため確認するようにしましょうね。

SIMカードのサイズを確認しよう

ガラケー時代から機種変更を続けてきた方は経験があるかもしれませんが、SIMカードって何回か変わりましたよね?

そう、スマホにおいてもSIMカードには大きさの違いがあり、以下のように分類されています。

  • 標準SIM
  • microSIM
  • nanoSIM

それぞれ、上の図のようになっていてSDカードと同じようにサイズが違うのです。

今現在で標準SIMを採用しているケースはほとんどなく、microSIMもしくはnanoSIMであるケースが大半となります。

なお、今もっともメジャーなスマホであるiPhone 7やiPhone 6sもnanoSIMを採用しています。

SIMのサイズを間違えてしまいますと余計な手続きが発生し、場合によってはSIMの交換手数料なども発生いたしますので、各MVNOが公開している「動作確認済端末」のページは必ず確認するようにしましょう。

なお、管理人のオススメはnanoSIMになります。

これには理由があり、SIMの場合は大は小をかねるではなく、小は大をかねるだからです。

と言いますのも変換アダプターというものが売っており、このアダプターを使うことでnanoSIMをmicroSIMなどに変換することができるからです。

こちらもSDカードみたいなものですね。

大きいものは小さいところにはどうがんばっても入らないんですよね。

一応大きいSIMを小さくできるSIMカッターも売ってはいますが、こちらは完全に物理的なカットですので、アダプターよりリスクが高いということは言うまでもありません。

SIMカードにはサイズの他にタイプもある

  • 音声通話付きSIM(データ+SMS+通話)
  • データ通信+SMS機能付き(データ+SMS)
  • データ通信専用(データのみ)

それぞれのタイプによってできることに制限がありますのでご注意ください。

音声通話付きSIM

音声通話付きSIMというのはいわゆる一般的なSIMカードです。

キャリアのスマホなどは通常このタイプになり、ネットやショートメールに加え、音声通話も利用可能ですが、これら3つのタイプの内では一番値段が高くなります。

データ通信+SMS機能付き

データ通信+SMS機能付きというのはネットに加え、ショートメールが利用できます。

例えばLINEなどのショートメール認証の必要があるサービスを利用したいのであれば、このタイプを契約しておかねば利用ができないので注意してください。

※LINEモバイルに関しましてはショートメールが利用できなくてもLINEが利用できるようになっています。

データ通信専用

データ通信専用とはネットのみ利用できるタイプです。

ネットサービスのみ利用される方であればこのプランでも運用が可能です。

当然利用できるサービスが少なくなりますので、維持費が一番安くなります。

ですが、一部サービスにはショートメールが必要になるなど制限も多くなっていますので選択される際は自分の利用したいサービスをきちんと調べた上で契約されることをオススメいたします。

-未分類

Copyright© 格安SIMに乗り換えてプチリッチ生活を送ろう , 2017 AllRights Reserved.